<< 劇的ビフォー&アフターのスタート | main | 木組みの天井格子が広がる金沢の改修事例 >>
2019.09.01 Sunday

時を経ても価値ある賃貸空間を

0
    RC賃貸
    どこを見ても、空間が貧相で質の低いワンルームマンションであふれています。
    不動産サイトに掲載されたワンルームは、どれも間取りは同一で、
    しかも専有面積10屐20屬両さなものばかり。
    違いは、築年数と駅近かどうかで、せいぜいトイレが別か、
    近くにコンビニがあるかどうかです。
    戦後復興ならいざ知らず、ここまで技術が進歩したにもかかわらず、
    居住空間の質はあまり向上していないというのが事実です。

    需要があるために、次から次へと建設され、古い住宅から空き家になって行きます。
    ディベロッパーの経済最優先の原理によって作られているため、いつまでたっても
    貧相で質の悪いワンルームの再生産は止まりません。
    そろそろ、もう少し豊かなワンルームを作って行く社会にならないでしょうか。

    上の写真は、当事務所が設計した賃貸併用2世帯住宅のワンルーム空間。
    壁はコンクリート化粧打放しで、天井は通常要理も高く設定しています。
    穴には可動のフックが設置され、時計をかけたり、写真をかけたり、
    時には自転車をかけることも可能です。 トイレや洗面所には窓があり、光や風が気持ちよく入ってきます。
    ワンルームといっても屋外には自転車やバイクなどが停められる駐輪場も設置され、
    各室には広いバルコニーも標準装備。

    「時間が経っても価値が無くならない賃貸空間」

    我々はこんなことを考えながら、設計しています。
    ある程度の狭さはやむを得ないとしても、その分、空間が豊かであるとか、
    わくわくするような景色が望めるとか機能性が高いなど、付加価値のある空間を
    設計していきたいと考えています。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM