<< クライミングウォール | main | 木の壁に囲まれた天空のデッキテラス >>
2018.11.01 Thursday

古民家ゲストハウス「詰所三國」

0
    詰所外観
    福井県の三國といえば、その昔、北前船の拠点で栄えていた港町で、
    今でも、港付近の狭い路地には昔ながらの町並みが残っています。
    先日、福井県を旅する機会があり、アレックス・カーが
    プロデュースしたという古民家ゲストハウスを見てきました。

    内観
    建物の間口を2分割し、2戸のゲストハウスとして改造。
    内装は所々に古い梁や柱を残しつつ、階段を新設し水回りを一新しています。

    内外装材とも新しい部分はすべて自然素材で構成されていて、
    質素で品の良い空間が形成されていました。
    新しい素材を古材に似せようとしているわけでもなく、
    新旧が気持ちよくコントラストを生み出しています。

    さすがと感じたのは、旧薬屋の看板や箱などを室内の装飾に活用した点でした。
    普通ならば、価値がないと捨ててしまいそうなものを、
    建物のアイデンティティを語る宝物として、室内の一番目立つ場所に飾っていました。
    さらに、吹抜まわりには、薬を入れてあった古い壺が並び、
    この美的感覚こそが、アレックス・カーの価値観なのだと感じ入りました。

    古民家でよく見られる玄関框の大きな段差も、外部で2段分の基壇によって解消。
    その基壇はきれいな洗い出しで仕上げられており、
    職人さんたちの丁寧な仕事ぶりが伝わってきました。
    アレックス・カーという人は、きっと、地元の人たちの技術と
    やる気をうまく引き出す才能があるのではと想像します。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM