<< 住まいの真ん中にキッチンを! | main | 中性化は鉄筋コンクリート造の寿命ではない! >>
2018.04.30 Monday

美しく使い続けられる住まいと素材

0
    外観
    7年前に竣工したこの「沼袋の家」を、毎朝、通勤途中に通りがかり、
    気に入っていたという建て主さんがいました。
    この建て主さんにも、同じ塗り壁材を使って、沼袋駅近くに
    新しい住宅を引き渡しすることができました。

    この住宅の外壁は、ジョリパッドという塗り壁素材を
    左官職人が丹念に手で塗った仕上げです。
    門扉を兼ねた大きな木の引戸と、木製の目隠しルーバーが特徴です。
    また、駐車場の舗装には、使い古した鉄道の枕木を敷いています。
    作った職人さんの愛情がそのまま外観に表れるのでしょうか。
    手づくりでオリジナルの住宅は、現在でもなお凜とした存在感を放っています。

    建物が美しいのは、愛情を持って使われていることもあるでしょう。
    「美しく使い続けられる住まい」を作るには、素材が大事であることを再認識しました。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM