<< 講演会を振り返って「建築基本法制定準備会 総会」 | main | 記事掲載『鉄構技術』 >>
2017.06.28 Wednesday

模型の効用

0
    模型

    建て主さんの小さなお子さんが、模型を指さしながら
    「ここはボクの部屋?」
    目をキラキラと輝かせていました。
    設計打合せ風景の一コマです。

    まず、基本設計では100分の1の手のひらサイズの模型を作ります。
    これで外観や全体構成をイメージします。
    さらに設計が進むと、50分の1サイズで、内部を作り込んだ模型も作ります。
    これで、室内のイメージを建て主さんと共有します。

    模型を見ると、空間の理解がしやすく、暮らしのイメージが広がります。
    小さなお子さんでも、ここがこうなっているのかと、パッと把握してくれます。

    立体の造形は、CG全盛の時代にあっても、
    図面やパースとは違う訴求力を持っていると感じます。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM