<< 古民家セルフ・リノベーション | main | オリジナルデザインの洗面台 >>
2017.05.12 Friday

隠れ家的書斎かオープンな共用する書斎か

0

    JUGEMテーマ:住宅


    「書斎」といっても、建て主によって求められる「書斎」は多種多様です。
    これまで、多くの書斎を設計してきましたが、
    特徴は大きく2つに分けられます。
    一坪書斎

    一つは、「男の隠れ家としての籠れる書斎」です。
    「一坪書斎」など、小さくても空間的に区画されていて、
    一人の世界に浸れるスペースです。
    喫煙する人や、音楽をかけて仕事する人などに多く見られます。
    また、趣味の本や雑誌などを読みふけったり、著作に
    没頭する人にも向いています。

    ワークスペース
    もう一つは、「開かれた空間の一部に設けられる書斎」です。
    居間の一部や、吹き抜けに面した廊下や、階段下のスペースなどを
    活用する場合が多く見られます。
    『頭のよい子が育つ家』文春文庫(四十万靖、渡邊朗子著)でも、
    子どもが自分の部屋に閉じこもらずに、家族の気配が感じられる
    ところの方が、学習環境には適していると指摘しています。
    家族間のコミュニケーションを大事にした家族が求める書斎に多く見られます。

    どういう書斎が向いているかは、それぞれの家族のライフスタイル次第です。
    あなたなら、どちらの書斎を選びますか?
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM