<< くりでんミュージアム その2 | main | 隠れ家的書斎かオープンな共用する書斎か >>
2017.04.27 Thursday

古民家セルフ・リノベーション

0
    解体風景
    江戸の意匠 江戸の意匠2

    友人N氏が築80年を越える古民家を購入し、セルフリノベーションする
    というので、解体のボランティアに参加した。
    柱と梁を残して、外壁も内壁も自らで塗るという。
    2階の床をぶち抜いて、吹抜のリビングを作るらしい。
    解体作業をしながら、さらにプランニングの夢が膨らむという。

    作業途中で、さまざまなものに出会った。
    写真は、ふすまの表紙の裏に隠されていた昔の建具デザイン。
    江戸情緒を思わせるかわいらしい意匠だ。
    袋張りに使用した新聞紙や、昭和10年代の10銭硬貨も見つかった。
    解体途中に見つけた建具の引き手金具などは再利用するらしい。

    建物は屋根と柱・梁を残して、もうじき生まれ変わる。
    昔の記憶を残しつつ、新たに命を吹き込まれた建物がどんな風にできあがるか
    今から楽しみである。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM