<< 地盤調査 | main | 2008年事務所5大ニュース >>
2008.12.23 Tuesday

耐震診断技術講習会

0

    耐震診断技術講習会を受講した。木造建物の耐震性をチェックする専門家を育てるプログラムだ。
    耐震基準というのは、これまで大震災のたびに改訂されてきたという。大きくは、昭和56年の新耐震法、最近では阪神大震災の後に改訂があった。
    私は、平成7年1月17日、高速道路が横倒しになったあの阪神大震災を目の当たりにしているだけに、耐震性の重要さが身に染みて分かる。建物はまず安全性が最優先だ。
    一方、都内における古い木造建物はなかなか耐震改修が進まない。公的補助もあるのだが、高い出費をしてまで、古い家を改修する気は起こらない。増してや、窓からの景色が悪くなる等の例もあるくらいだから、耐震改修が普及しないのもうなずける。耐震ベッドといった簡易なアイディア商品も発明されたが、今のところ、採用例はゼロという。
    試しに、実家の耐震評価を行った。新耐震法以前に建てられたごく一般的な木造2階建て住宅である。
    壁量のバランス、基礎と柱の結合状態・・・等。
    あれ?許容耐震性能の50%程度というひどい結果が出た。築30年未満の住宅がこの数値である。いわんや、より古い建物は?想像するだけ恐ろしい。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM