<< 鶴岡の花火 | main | 高田馬場の流鏑馬 >>
2006.08.21 Monday

新制作座文化センター

0
    新制作座
    JIA保存部会で、高尾にある「新制作座文化センター」を視察した。
    新制作座は、1950年に設立された演劇集団だ。

    1962年、モダニズムの建築家山口文象の設計で、劇団の拠点がこの地に建設された。

    約5.5ヘクタールの丘の上に、劇場、野外ステージ、稽古場、プールに加え、劇団員のための宿舎や食堂までがある。大規模な建物群は、まるでひとつの村のようだ。

    最盛期には、200人近くの劇団員が、ここで生活していたという。現在は十数名にまで減少し、多くの宿舎はすでに使われていない。

    鬱蒼と繁る木々の間から、劣化の進んだモダニズム建築が見え隠れする。

    雑然と物が打ち捨てられたまま、ひと気を失い閑散としている様は、幕引き後の舞台裏を思い起こさせる。

    新制作座文化センターが生まれた60年代は、さまざまな共同体が模索された時代だ。
    その時代は何を求め、何を理想としていたのか?

    建築に込められた思想の検証と、新たな保存活用の方法が求められている。
    コメント
    千葉工業大デザイン科の者です。

    先日は,素晴らしい講義をありがとうございました。

    柳沢先生の,どこか心が温まるような優しい絵がとても印象的で,素敵だなと思いました。

    私もどこかへ行ったときにスケッチするクセを付けたいと思い,先生のおっしゃっていた「ウィンザーニュートン」の絵の具を購入してみることに笑

    まずは形から…という感じですが,これからいろいろなスケッチに挑戦していきたいと思っています。

    • きょん
    • 2007.01.02 Tuesday 22:55
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM