2019.09.01 Sunday

時を経ても価値ある賃貸空間を

0
    RC賃貸
    どこを見ても、空間が貧相で質の低いワンルームマンションであふれています。
    不動産サイトに掲載されたワンルームは、どれも間取りは同一で、
    しかも専有面積10屐20屬両さなものばかり。
    違いは、築年数と駅近かどうかで、せいぜいトイレが別か、
    近くにコンビニがあるかどうかです。
    戦後復興ならいざ知らず、ここまで技術が進歩したにもかかわらず、
    居住空間の質はあまり向上していないというのが事実です。

    需要があるために、次から次へと建設され、古い住宅から空き家になって行きます。
    ディベロッパーの経済最優先の原理によって作られているため、いつまでたっても
    貧相で質の悪いワンルームの再生産は止まりません。
    そろそろ、もう少し豊かなワンルームを作って行く社会にならないでしょうか。

    上の写真は、当事務所が設計した賃貸併用2世帯住宅のワンルーム空間。
    壁はコンクリート化粧打放しで、天井は通常要理も高く設定しています。
    穴には可動のフックが設置され、時計をかけたり、写真をかけたり、
    時には自転車をかけることも可能です。 トイレや洗面所には窓があり、光や風が気持ちよく入ってきます。
    ワンルームといっても屋外には自転車やバイクなどが停められる駐輪場も設置され、
    各室には広いバルコニーも標準装備。

    「時間が経っても価値が無くならない賃貸空間」

    我々はこんなことを考えながら、設計しています。
    ある程度の狭さはやむを得ないとしても、その分、空間が豊かであるとか、
    わくわくするような景色が望めるとか機能性が高いなど、付加価値のある空間を
    設計していきたいと考えています。
    2018.03.31 Saturday

    スキップフロア 狭さに負けない空間設計

    0
      ステップハウス
      スキップフロアは、フロアレベルを半階ずつずらしながら、層を連続させる空間構成です。
      空間的につなげながら、視界がずれるため視覚的に広く感じられます。
      使用頻度の少ない廊下や階段室を極力減らすため、狭小地でも有効な手法の一つです。
      家族同士が、つかず離れずの距離で、かつそれぞれの気配を感じられる住宅とも言えます。

      この案は、敷地の可能性を検討中のお客様に、提案させていただいたものです。
      高さ制限が厳しい敷地だったため、半地下を設け、高さを抑えながら、6層がスキップフロアでゆるやかにつながるプランとしました。

      間仕切り壁で仕切らないため、気をつけなければならないのが冷暖房効率です。
      しかし断熱材をしっかり入れて高気密にすれば、一度に住宅全体の暖冷房が効くので、冷暖房費用もかえって効率が良くなります。
      リビングに床暖房を設け、吹抜にたまった暖気をシーリングファン等で撹拌させれば、快適な温熱環境が確保できます。

      JUGEMテーマ:住宅

      2012.08.23 Thursday

      断熱性能

      0
        断熱材

        まだまだ残暑厳しい日が続いていますね。

        工事中の「見沼の家」では、現在、断熱材の施工中です。

        省エネ住宅を目指す私達は、次世代省エネ基準以上の断熱性能を取るように設計しています。

        冬期は内部の暖気を外に逃がさず、夏期は外部の熱を遮断することで、冷暖房のエネルギーを減らすことができます。

        昨年竣工した住宅のお施主さんにこの猛暑の様子を伺ったところ、それまで住んでいた賃貸住宅とは、過ごしやすさが全く違うというお話をいただきました。

        断熱性能が高いため、上階にいても屋根からの日射熱をさほど感じることもなく、また通風経路を確保したため、エアコンになるべく頼らず、窓を開けて過ごす時間が多いとのこと。

        またエアコンをつけてもすぐに利くと実感されているそう。

        ねらい通り!と嬉しい気持ちになります。
        2012.06.19 Tuesday

        自然のチカラで快適な住まいをつくる!

        0
          通風換気に適した屋根日射を調整する庇
          この頃、住まいを設計するときに考えているテーマは「自然のチカラで快適な住まいをつくる」です。
          「エアコンをできるだけ使わない家」、とか「省エネ住宅」と言い換えても良いかもしれません。どちらも、電気を使わないから経済的だし、騒音がないので静かです。健康によいのも特徴です。

          そうした住まいをつくるために、以下のような点を配慮しています。

          ’枌屐Х弉茲梁1歩は、太陽と風の恵みを得るために、南東側を庭に大きく確保すること。たとえ都心の密集市街地でも、配置の工夫で、貴重な冬の太陽と夏場の風を得ることが可能です。

          屋根:建物内の気流は、低い位置から高い位置へと移動します。自然対流の原則に沿って理想的な建物の形を考えていたら、行き着いたのが片流れの屋根でした。太陽光発電の観点からも南傾斜の屋根は効率が一番です。

          A襪犯漾Я襪漏梓僂魴茲瓩觸斗廚淵櫂ぅ鵐箸任△蝓中から外の景色を取り入れる額縁の役割も果たすので、生活シーンを想像しながら慎重に検討します。熱環境的には、夏の日射をどう防ぐか、冬の冷却をどう抑えるかがポイントで、夏の日射はカットするが、冬の日差しを室内に入れるような長さの庇を設置します。位置は、南北、東西に風が抜けるよう、バランス良く配置します。

          た瓩抜け:吹き抜けは、室内の快適性に劇的な変化をもたらします。ただし、冬の寒さ対策として床暖房で足下から温めることや、シーリングファンを設置し温度ムラをなくすことを忘れないようにしています。

          ケ鐶Δ肇汽鵐襦璽燹Г海譴泙任僚斬霎澤廚念貳峇遒个譴燭里、この2つです。縁側は、建物の内と外をつなぐ中間領域として、太陽の日射がダイレクトに侵入するのを防いでくれます。また、ヨシズやスダレをかけておけば、気持ち良い自然の風も呼び込めます。サンルームは、雨を心配せずに洗濯物も干せるし、ハンモックを吊して昼寝に利用することも可能です。

          高気密・高断熱:木造の住まいは、次世代省エネルギー基準(平成11年省エネ基準)を満足するようにしています。これは住宅エコポイントを獲得できるレベルで、壁、床、天井、屋根など熱が出入りしやすい部分に断熱材を十分入れて、夏は熱の侵入を,冬は熱の流出を防ぐようにしています。2重ガラスの採用は、標準仕様になりました。
          2012.06.04 Monday

          設計住宅性能評価

          0
            設計住宅性能評価書
            先日、私達としては初めて設計住宅性能評価の申請を行い、評価書を取得しました。

            住宅性能評価とは、構造、劣化の軽減、温熱環境等の10の性能項目について、第三者機関が等級や数値で評価を行う制度です。

            私達が行っている建築設計は、表層のデザインだけでなく、耐震性や断熱性能、維持管理のしやすさ等、多岐に渡って細かい配慮をしているのですが、目に見えないところなのでクライアントさんには伝わりにくいかと思います。

            今回、住宅性能評価を取得することで、これから住まう家がどんな品質なのか、ということをクライアントさんにも納得いただきながら設計が進められました。

            この住宅性能評価を取得しておくと、ある基準をクリアしていれば住宅ローンの優遇や地震保険料の割引が適用されたり、万一のトラブルの際に紛争処理機関が対応してくれたり(費用1万円)、クライアントさんのメリットは大きいです。

            東日本大震災以降、耐震や省エネ等に対しての意識が高まっていることを切実に感じます。

            安心の家造りのために、こうした制度を上手に活用していくケースも今後増えていくように思います。




            2010.09.17 Friday

            住宅エコポイント

            0
              エコポイント住宅証明書

              先日竣工した住宅の「住宅エコポイント」を申請しました。

              住宅エコポイント制度とは、対象となるエコ住宅を新築した場合に300,000pt(30万円相当)、リフォームした場合にはその内容に応じたポイントがもらえる制度です。

              今回のクライアントさんは、ポイントの一部を追加工事費に充当し、残りのポイントは商品に交換することにしました。

              ポイント申請には、「トップランナー基準相当の住宅」あるいは「省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅」であることを証明する証明書が必要になります。

              住宅性能評価機関で証明書を発行してもらう必要があるのですが、この基準の内容が、正直言って分かりにくい。

              ようやく証明書がおりていよいよポイント申請の段階ですが、実際のポイント発行までにはだいぶ時間がかかるようです。

              とは言え、300,000ptはありがたいですね。

              この制度は来年の12月まで延長されることが決定したので、これから新築やリフォームをする方にはぜひ活用してもらいたいです
              Calendar
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              2930     
              << September 2019 >>
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM