2018.07.01 Sunday

JIA文化財修復塾修了証

0
    修復塾修了証

    約3年間、計60時間にわたる講習や実測調査を行い、ようやく「JIA修復塾」の修了証を手にしました。
    ホッとしました。

    「JIA修復塾」とは、建築士会による「ヘリテージマネージャー講習会」と
    ほぼ同じ趣旨で、公益社団法人日本建築家協会が主体となって作った資格制度です。

    地域に眠る歴史文化遺産を発見し、保存し、活用して、地域づくりに活かす能力を
    持った人材を育成する講習会で、延べ60時間受講した後、最後にチームディスカッションを
    行って、合格を判定されます。

    いわば、修復塾修了者は、歴史的建造物の保全活用に係る専門家であり、
    今後の文化財保存修復事業の中心的担い手として活動していくことを目標としています。

    これまで、歴史的建造物や近代産業遺産の建物を、生かして保存していこうと
    考えて行動していただけに、ようやく客観的な資格がもらえて嬉しい限りです。
    2018.05.15 Tuesday

    くりでんミュージアム 東北建築賞特別賞を受賞!

    0
      東北建築特別賞
      当事務所が調査、基本設計、実施設計に協力した「くりでんミュージアム」が
      2018年日本建築学会主催の東北建築賞特別賞に輝きました。
      2018.05.11 Friday

      中性化は鉄筋コンクリート造の寿命ではない!

      0
        今本先生
        「中性化は鉄筋コンクリート造の寿命ではない!」という。
        これまでの定説を覆すような話をするのは、東京理科大学の今本啓一先生だ。
        先日の日本建築家協会再生部会のレクチャーでの一コマである。

        コンクリート造の歴史的な建物を建て替える理由として、
        「老朽化」、「劣化」を理由とし、これまでその基準に「中性化」の進行が挙げられて来た。
        しかし、中性化は鉄筋コンクリート造そのものの劣化ではなく、
        鉄筋を守っていた不動態皮膜が弱くなり、そこに水分が加わることで鉄筋が錆びやすくなり、
        しまいにはコンクリート爆裂が起こる。
        劣化させないためには十分な被り厚さを取ることが基本だが、
        中性化したとしても、水と出会わせないような方法を取ることで、
        長寿命化を図ることは可能だという。
        コンクリートの再アルカリ化という方法に対しても、建物の保存には向かないと疑念を呈す。

        今本啓一先生は様々な築年数の鉄筋コンクリート建築の調査と実験を重ねてきた、
        その分野の第一人者である。
        彼は、このコンクリートの中性化について、わかりやすくたとえ話をしてくれた。

        中性化はコンクリートの性質上、自然に起こる現象だ。
        石灰岩CACO3を高温で焼いて、CO2を飛ばした原料であるセメントが、
        二酸化炭素CO2と出会って、元の姿に戻る自然現象である。
        人間に例えれば、別れた夫婦が元の鞘に収まるのとよく似ていると説明された。
        これまでの定説を覆すために、大勢を敵に回しかねない学説に、
        言葉を選びつつ慎重に話されている様子が印象に残った。
        <以上>
        2018.04.30 Monday

        美しく使い続けられる住まいと素材

        0
          外観
          7年前に竣工したこの「沼袋の家」を、毎朝、通勤途中に通りがかり、
          気に入っていたという建て主さんがいました。
          この建て主さんにも、同じ塗り壁材を使って、沼袋駅近くに
          新しい住宅を引き渡しすることができました。

          この住宅の外壁は、ジョリパッドという塗り壁素材を
          左官職人が丹念に手で塗った仕上げです。
          門扉を兼ねた大きな木の引戸と、木製の目隠しルーバーが特徴です。
          また、駐車場の舗装には、使い古した鉄道の枕木を敷いています。
          作った職人さんの愛情がそのまま外観に表れるのでしょうか。
          手づくりでオリジナルの住宅は、現在でもなお凜とした存在感を放っています。

          建物が美しいのは、愛情を持って使われていることもあるでしょう。
          「美しく使い続けられる住まい」を作るには、素材が大事であることを再認識しました。
          2018.04.15 Sunday

          住まいの真ん中にキッチンを!

          0
            キッチンカウンター01
            吹抜を内包する家
            キッチンカウンター02
            格子の家

            住宅の真ん中にキッチンを!
            住まいの中でキッチンに立つ時間は実に長い。
            料理は作る過程が大切であり、どうせならば楽しくつくる環境が欲しい。
            壁に向かって料理するのは、なんだか孤独でつまらない。
            だから、私たちの設計する住宅のキッチンは、
            ほとんどが住まいの中心に向いている。

            英国の社会学者ジューン・フリーマンは、その著書
            『The Making of the Modern Kitchen』で、
            「キッチンという場所は、料理するという”機能性”と
            家庭生活の中心という”象徴性”の二つの側面を持つ」という。

            言い換えれば、キッチン空間に求められているのは、
            短時間に素早く調理ができるすぐれた機能性と、
            料理だけで無く食卓を囲むという家族団らんのシンボルの役割である。

            人の気持は空間で変わる。
            楽しいキッチンだと、行動もポジティブに明るく変化する。
            住宅の真ん中にキッチンを置いて、家族のコミュニケーションを
            育む場をつくりたい。

            住宅の真ん中にキッチンを置くということは、案外、
            人生の真ん中に家族の団らんを据えることなのかもしれない。
            Calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM